Cyber-shot DSC-H1 いい画質です。

ジャンクのカゴの中に、明るい高倍率ズーム(12倍)を搭載したEVF機を発見!
メーカーはあまり興味のないソニー。
美品だったので、救済実施。

画像


プラスチック筐体の割に、色合いが渋いのであまり安っぽくない。
デザインはスタンダードなフォルムに、なだらかなラインを組み合わせててまぁまぁカッコイイかな。
頑張ってるけどプラスチックなんで、質感が今一歩足りてない。価格相応?(当時の価格知らないけど...)
せっかくだから、もっと大胆なデザインでも良かったんじゃないかなぁ...と思ったりもしますが。

カメラの簡単な仕様。
 510万画素 1/2.5インチCCD
 36-432mmレンズ(35mmフィルム換算.)
実焦点距離 6-72mm/F2.8-3.7
 2.5インチ液晶 + EVF
 記憶媒体 メモリスティック
 電源 単3電池×2

仕様だけみると、
 CCDが小さいので、あまり画質は期待してませんでした。

しかーし、何気に部屋を撮影してパソコンで画像を見ると、すっきりきれい。
これは画質が良さそうな予感。
という事で、近所の写真撮ってみました。
※クリックしていくと単純に1280×960ピクセルにリサイズした画像が見れます。

画像


太陽が反射した川面の写真ですが、ぬめぬめした感じ。撮影画像がノイジーじゃなくなめらかな証拠かな。

画像


これもまたいい画像です。
等倍で見ても1画素1画素きれいに写ってます。

画像


望遠側432mm域(実焦点距離 72mm)だと、背景もかなりボケます。

画像


今日はきれいな青空でした。
撮った写真もかなり忠実にいい色です。

色合いは自然な発色+明るめで少しきれいになる感じ。
1/2.5インチという小さいCCDですが、優秀ですね。

という事でお気に入りのデジカメになりました。

残念なのは、
晴れた屋外では液晶が少々暗い。
EVFは視野画像が小さ過ぎです。軍幹部やファインダーのところが大きく立派なのに...

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック