IXY DIGITAL 500 CCD正常個体をGET!

今までさんざんCCD異常個体を救済しました。
あまりにも不遇だから、負の連鎖を断ち切るべく、
ちょっと高くても正常動作品を入手しようかと思ってました。

たまたま、売場で電源が入って、CCD画像が正常に映る個体を発見!
液晶画像を見た瞬間、神が舞い降りたかのような気分でした。

画像


外装のキズはちょっとある。
画像


さて通常のシルバーモデルだけど、White Limitedとニコイチを計画。

画像

                   ↑
     きれいなシルバーモデルとWhite Limitedを比べた写真

外装交換だけだと、レンズ鏡筒の一部の白枠部分が銅色になる。

 ちなみに..
  ネットで IXY DIGITAL 500 White Limited の画像を検索すると、レンズ鏡筒が銅色だったり
  銀色だったりする写真がちょこちょこ出てくる。
  シルバーモデルとのニコイチ修理をしたんでしょうね。

レンズの白枠を変える方法は?
レンズの白枠をはずして交換する。
 → すき間にカッター挿し込んではずそうとしたけど、なんか貼りついてる感じ。 
   無理っぽい。
CCD側からレンズユニットをはずして、レンズユニットごと入れ替える。
 → 分解手順をネットで調べたけど、かなりやっかいそう。

なんか頑張る気力が無いので、シルバーモデルのキレイ版正常個体を作る事にしました。
捨てるつもりだったCCD異常個体があったので、外装がきれいな個体を準備して、
今回購入した正常動作個体の外ケースをを交換です。

手順は簡単。
背面側から見て、

右側面 4ヶ所のネジはずし。
底面  4ヶ所のネジはずし。
左側面 2ヶ所のネジはずし。
そして背面 1ヵ所のネジはずし。
微妙にネジの長さが違うので、どこのネジかわかるようにしておきます。

背面カバーの下側からすき間をひろげていき、背面カバーをはずします。
前面カバーもすき間を広げていき、はずします。

2つ分解して、逆手順で組み立てて電源ON。
 → 正常動作を確認。

比較的きれいな個体ができました。
このモデル画質がいいという噂。
そのうち試写してみましょう。

そして、本命のWhite Limitedの正常個体は、まだまだおあずけです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック