Caplio R7 分解・・・レンズユニットの交換は断念。

レンズ故障したR7を直そうと、ニコイチ部品取り機を入手。
電源が入らない個体だったので、CCD+レンズユニットが生きている事を
願って、分解してみました。

このR7はなかなか厄介なモノで、個人の主観で言わせていただくと、
修理することを考えていない、ベタに造られた機械です。

分解に結構手間取りました。
ある程度分解した写真が下記です。

画像


位置的には

 CCDレンズユニット
                 液晶
 メインボード サブボード


分解修理しづらい点をいくつか。

画像

液晶の電気供給(たぶん)ケーブルはハンダ直付け...

画像

リボンケーブルのコネクタ部ですが、ロックバーのはね上げ式でない。おそらくはめ込み固定。
それも固定用パーツが小さいから、無理にはずそうものなら固定部位が折れそう...

画像

CCDの固定金具と方法も、ん?って感じ。普通だったらネジはずしたらいいだけ。

画像

あちこちで散見される接着テープ。
普通ネジ固定でしょう。

R7の修理は、正常動作品とのニコイチぐらいしか方法は無さそう。
案外、美品の正常動作品が安く出たりしそうですが。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック