LUMIX ZX1 に強敵現る! Cyber-shot WX300

【序章?】
ジャンクかごにソニーのWX300の黒を発見!
既にWX350(白)のジャンク個体を持ってるので、
なんか修理できないかと入手。
このWX300(黒)は電池カバー部が浮いてる。
落としキズがあるので、落下の衝撃で浮いたと思われる。
電池カバー部を手で直そうとしたら、内部の金属を止めるプラの部位が破損。
あぁーやっちゃった...
しかしこのケースのプラ薄くて弱すぎ。
こんな貧弱なデジカメはいけんなぁと思いながら、家に帰ってじっくり見る。
電池入れてみる。
 → おぉっ、普通に動くではないか。
    これは直したいなぁ。
破損した部位は特に圧力がかからないから、接着剤でくっつけたのでなんとかなりそう。
という事で、接着。
一晩置いてみてみる。
いい感じでくっついている。
OKです。

【本題】
WX300って20倍ズームだけど、小さい。
愛機のZX1と並べてみた。

画像


すげー、ZX1と大きさが変わらない。
モノとしての魅力、造りの良さはZX1の圧勝だけどね。

厚みは?

画像


ほぼ同じやんか...

背面液晶は?

画像


WX300の方が大きい。
液晶の明るさもWX300の方が明るそう。

電源入れた時はどんな感じ?

画像


CCDサイズが同じ1/2.33インチで、同じ25mm(35mmフィルムカメラ換算)で、解放F値も変わらず。
でも、繰り出し量は結構違う。

広角端
画像


望遠端
画像


同じ厚みのボディにこの長いレンズ鏡筒をよく組み込んだものです。
WX300恐るべし。

そして機能的な差として、
20倍ズーム。
ISOが12800まで使える。
背景ぼかし機能がある。
スイングパノラマ機能がある。 などなど。

夜、月とか撮りたくなるので、
望遠が強いのとISO感度が高く設定できるのは魅力的。

という事で、
ZX1の強敵現る!
です。
片手での持ちやすさと操作性はZX1がいいです。

早く試写したいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック