ZX1 ニコイチ修理 → 実用の3号機

ZX1(ジャンク)をメルカリで発見。
ズームエラー機。
部品取り機のCCDレンズユニットが使えるので、メルカリ機を入手してニコイチ修理を計画。

メルカリ入手機。
画像


部品取り機。
もともと底面の電池カバーが壊れていた(ジャンク)。
画像


部品取り機の部品交換されてる状況。
・トップカバー ・・・ メイン機(1号機)の銀メッキがはげたので交換。
・液晶 ・・・ 白モデル(2号機)の液晶が右側黄変分と交換。
画像

今回、CCDレンズユニットも部品取りされる予定。

CCDゴミ取りをよく行っているので、ZX1の分解は慣れてます。
それに、ほんと分解しやすい、いいカメラです。

分解方法はだいたい下記ページが使えます。(ZX3を分解したときのブログページ)
https://kazu-prv.at.webry.info/201803/article_5.html
正確には、
 ・背面液晶のケーブルは、はずさなくても交換作業は可能。
   リボンケーブルを破損しないように扱いは慎重に。
 ・CCD部を開ける手順は不要。
 ・CCDレンズユニットをメインボードからはずすのに、メインボードとつながっているリボンケーブル2本をはずす必要あり。(本体メイン基板側コネクタ部のロックバーをはね上げてからケーブルを抜く)

2台の分解写真。
画像


分解してモノも見比べて、メルカリ機の下記部品を交換。
・前面カバー     部品取り機の方が若干きれいだった。
・CCDレンズユニット メルカリ機は故障してたので、部品取り機と交換。

組み上げて電源ON。
正常に起動できた。
CCD部のゴミは大丈夫か? ズームで望遠にすると、
画像


ありゃりゃ。
再分解してCCD部見たら、点々とゴミあり。
ブロアーでCCDプロテクタ(IRフィルター?)のごみを飛ばす。

再度組み上げて電源ON。
そして望遠側でゴミチェック。
 → ゴミなし。・・・きれいになった。

正常可動する1号機から3号機までの写真です。
1号機(シルバー) ・・・ メイン機
2号機(白) ・・・ きれいな個体なので今のところ観賞用。
3号機(シルバー) ・・・ 今回修理したメルカリ機。少しキズがあるから、実用予定。
画像


そうそう、今回入手したメルカリ機は修理前も修理後も、ズーム操作したらデジタルズームしか
機能しなかった。よくわからなかったので設定リセットかけてレンズのズーム機能が復活した。
どうやってレンズのズーム機能を停止させたんだろ?
めんどいので深堀りしませんが、謎です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック