古いカメラメーカーが通用しないコンデジの世界

古いコンデジをいろいろ触ってて思う事。
フィルムカメラ時代のモノ造りの良さとコンデジの世界ってまったくと言っていいほど関係がない。
フィルムカメラ(特に一眼レフ)はメカの良さや耐久性が重要だったけど、コンデジはレンズ駆動系ぐらいがメカであとは電子デバイスのかたまり。
実際500万画素オーバーのコンデジ見てみると、実用的なのはパナソニックやカシオ、リコー。
ニコンは遅すぎだし、キャノンはCCD異常やレンズエラー機多すぎ。
今後一眼もEVFが優位なので、いかにいい電子デバイスを採用して使いやすくまとめるかになる。
それって家電メーカーの方が優位では??
極限の世界で使えるカメラはノウハウ持ったカメラメーカーが強いかもしれないけど、普通の人はそんなとこで写真撮らないし...

最近手に入れたCOOLPIX5100。モノ的にはいいんだけれど、操作レスポンスの遅さとズーム倍率の低さにため息をついてます。
そういえばニコンD200の発色のクセは自然風景では使いにくいかったなぁ。一世代前の富士フィルムS3Proの方が全然いいし。 ※スポーツ撮影はD200いいですけどね。

ニコンの一眼レフ(F801s)を持ってて、デジタルもニコンがいいに決まっている。って思いこんでて、過去の栄光を信じた自分が無知でした。って感じです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック