LUMIX FX60-66 x4 悩ましい機器たち

スタイルが気に入って修理したい機種 FX60 FX66.。

合計4個持ってます。

画像


いやぁいい眺めですね。
ってそんな話じゃありません。。。

最初に救済したFX60(シルバー:1号機)は、システムエラー(レンズエラー)の故障機。
次に救済したFX66(シルバー:2号機)は、キズが多い正常動作品。
FX60の外装交換で使えるかと思いきや、外部出力端子が変わって、カバー部のサイズが異なり交換できず。
3番目に救済した外装のきれいなFX60(ゴールド:3号機)は、液晶NG機。
FX60の液晶を最初のFX60(シルバー)と交換してOKになるはずが、少し使うと「電源を入れなおしてください。」のメッセージ。
 んんんむっ。なぜだ。もともと液晶NG機(FX60ゴールド)もメインボードの障害持っていたのだろうか。

で、なかなかFX60-66を見かけず時が過ぎてましたが、FX66(ゴールド:4号機)を発見。故障して動かないらしい。
届いて電源入れてみると、システムエラー(フォーカス)。
外見はきれいなので、キズが多い2号機の本体を使って外装をゴールドに替えるのは可能。
でも2台を並べて見ていると、キズが多い2号機はレンズまわりのキズも多い。
外装はきれいでもレンズまわりはキズだらけになるので、ちょっと悩むところ。
レンズ部はFX60と同じ可能性があるので、FX60のきれいな方を使えばいけるかなぁと思い、
 FX60(ゴールド:3号機)のレンズユニット
 FX66(シルバー:2号機)のメインユニット
 FX66(ゴールド:4号機)の外装
のサンコイチで修理しようかと思いながら、踏み切れていません。

よくよく考えると、歴代のLUMIXの品質だったらおきない故障がちょっと多い。
リボンケーブルの断線もあるようなので、薄くしすぎて無理があるのだろうか??
修理作業で断線起こす事もあるかも。。。
などど、4個並べて、考え中です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック