PENTAX Optio S1 AF異常 → 正常になった

ジャンクコーナーでPENTAXの小さなコンデジ(Optio S1)を発見。
汚れが目立つけど、キズはかなり少ない。ウェットで拭いたらきれいになりそう。
ふーん、小さいけど5倍ズームとなかなか。広角は28mmっぽい。
黒でカッコいい。
救済実行。

画像


【仕様】
CCD  1 / 2.3インチ 1400万画素
レンズ 5 - 25 mm/ F 3.9 - 5.7 ; 28 - 140 mm(フルサイズ換算)

たぶんバッテリーは切れてるから、まずは充電。
すぐに完了。
ん??
電池入れて、電源ON。
 → 電源入ったけど、液晶表示せず。 ...ジャンクか。
もう一度電源切って、電源ON。
 → 液晶点いたけど、レンズが繰り出さず。 ...少し改善した?
もう一度電源切って、電源ON。
 → レンズが繰り出した。 ...撮れるかな?
ズームレバーを操作する。
 → ズームできた。でもピントが合っていない。
シャッターを押す。
 → ピントが動かず...  やっぱジャンクか
マクロにしてみる
 → ピントが動かず。

上記を何回か繰り返しながら、なかば諦めかけてたけど、
試しに、MFで手動でフォーカス位置を変更。
 → ピントが動いた!
そしてAFに切り替えてみると、
 → AFが効きだした。やったー治った。

今は普通に動いてます。

さて今回手に入れたOptio S1って、ほかの小さめコンデジと比べてどうなんでしょう?

画像


左より
メーカー・型番   焦点距離   重さ(バッテリーのぞく)
CASIO EXLIM Z85 38-114mm   100g
CASIO EXLIM S12 36-108mm   112g
SONY Cybershot W350 26-106mm 100g
PENTAX Optio S1 28-140mm    110g

4台の奥側をツライチに合わせているので、
一番薄くて横幅があるのは、EXLIM S12。
W350は広角4倍ズーム搭載で、 EXLIM Z85とほぼ同じ。
Optio S1はラウンドしているので厚みを感じないですが、
他の3台と比べたら少し厚みがります。

デザイン的には、 EXLIM S12 がいいです。
Optio S1もなかなかいいです。

さてOptio S1の写真はどうでしょうか?
楽しみです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック