ジャンクPC(東芝Dynabook UX/23)に、lubuntu 18.04 導入。

美品だけどジャンクのネットブックPCですが、
Win10の設定変更による高速化を行ってましたが、
通常アプリの起動が遅く、CPUがボトルネックになって
いるので、サクサク動く事はあり得ないと感じていました。
でもせっかくだから使いたいので、
ubuntu等のフリーOSで使えないか検討してみました。

ネットで調べてみて、
使えそうなフリーOSとしては、ubuntu系かchromiumが良さそうです。
いまどきなので、chromiumのブラウザを基本としたシステムも
面白そうですが、手堅くubuntu系を選択。
パソコンの色(サテンブラウン)もなんとなくubuntuの配色に合ってるし。

ubuntuですが、Atom N280がAMD64をサポートしていないので、
ubuntuで導入できるのが16.04までらしい。
 ※日本語版だともっと前のバージョンかも?
できるだけ新しいバージョンの方がいいので、探していると、
ubuntuの派生版(フレーバー)でlubuntuに18.04があるらしい。
それに軽いらしい。

という事で、lubuntu18.04を入れる事に。
ISOイメージのDVDを作成してインストールを行う方法ですが、
このネットブックPCにDVDドライブが無い事と外付けDVDドライブを
持ってない事に気づきました。

安いUSB接続のDVDドライブ準備。
BIOSの起動順番をUSB接続のDVDドライブを一番にして、起動。
全クリア&インストール。

ux23_rep20190922_00.jpg

ux23_rep20190922_01.jpg

めでたくlubuntu 18.04 が入りました。
lubuntuですが、かなりWindowsライクなユーザーインターフェースで
使いやすそうです。
気になる動作ですが、SSDのWindows7マシンと比べて、ざくっと言えば
HDDよりは少し速いけど、SSDよりかなり遅い感じかな。
まぁ遅いなりに使えそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント