PENTAX istDS で遊ぶ。シャッター音が懐かしい。

istDSへの道?
フィルム一眼使ってた時に、そろそろデジタル一眼を試してみようかと思った事があり、第1候補だったのが、PENTAX istDS。
ファインダーがそこそこ良くて、中古価格が安かった。
実際には当時はデジタル一眼は買わなくて、数年後にニコンD200を買いました。
ずーっとニコンD200の発色に悩んでたのですが、昨年istDSのジャンク品を見つけて、ダメもとで買いました。
実際に使ったら、露出がおかしい本当にダメなモノでした。
でもistDSは手に入れておきたいという思いが強かったので、安く見つけて手に入れちゃいました。

istds_imp200409_00.jpg

タムロンの18-200mmズームつけて、桜を撮りに出かけました。
オートフォーカスはちょっと遅いですが使えます。
ファインダーも倍率高いのでOKです。
何よりも感動したのが、シャッター音です。
フィルム一眼レフ時代のミラーがパタパタと動く時の音がするんです。
なんかうれしくなりました。
実際に撮った写真は、真面目な感じの発色です。
フィルム一眼で撮った時の画質に近い(階調が狭い、露出が少し暗い感じ)気がする。
 ※桜の撮影では露出をプラス補正かけてます。

istds_imp200409_01.jpg
istds_imp200409_04.jpg
istds_imp200409_02.jpg
istds_imp200409_03.jpg


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント