LUMIX FZ1 いいカメラです。

200万画素しかないのに買ってしまったLUMIX FZ1。
fz1_imp200425_00.jpg

独特のデザインがカッコいい。
操作してみると、なんかいい感じ。
例えばズーミング時の動作はほぼ無音で滑らか。
EVF見ながらズームした時に、EVFの像が安定してます。
小型軽量化と操作速度優先で、失われた『モノへの愛着』につながる『造りの良さ』が感じられます。
EVF像も液晶も小っちゃくて、構図決めにしか使えませんが、見え方が悪くないので逆にモノ的満足度につながっているかも?
・・・あまり肩入れすると、実は不便な面ではあるのでほどほどにしておきます。
写りもいい感じです。
色のずれもなく、さわやかな空気感を感じます。
200万画素・・・パソコンの画面で見る分にはまったく問題ないのですが、印刷したらL版サイズがギリギリです。
印刷する事はほぼないのですが、最低でも500万画素はほしい気がする。


fz1_imp200425_01.jpg
空の色も自然な感じ。
明るい空が背景なのに木の葉っぱがきちんと緑色が出てる。
階調が広いんだと思う。

fz1_imp200425_02.jpg
絵がやさしい。
シャープネスが低いのかもしれませんが。

fz1_imp200425_03.jpg
少し暗い場所なので、自動的に明るめに補正されちゃいました。

fz1_imp200425_04.jpg
川面の雰囲気がいい。
よくないコンデジは、ざわざわした写真になります。
シャッター速度の違いかもしれませんが。

fz1_imp200425_05.jpg
風がビュービュー吹いてたので、葉っぱ飛ばされそうになってます。
緑色の発色もいいです。
古いコンデジは発色がダメだったり、新しいコンデジはコントラストや発色が良すぎる事があります。

FZ1で遊んでると、LX1を楽しみたくなってきた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント