Caplio R2 試写レポート 柔らかい雰囲気・独特の色だけど。

RXが壊れた後、R2を手に入れて、ちょこちょこ試し撮りしてました。 ニッケル水素型単3電池なので、車の積みっぱなし用にいいんです。 それに動作の速さもいいですね。 【仕様】  CCD  1 / 2.5インチ 500万画素  (原色CCD) レンズ 4.6~22.2 mm/ F 3.3 - 4.8 ; 28 - 135 mm(フルサイズ換算) 試写レポートです。  画像をクリックしていくと単純に長辺1280ピクセルに縮小した画像が確認できます。 日没前の空です。 地味というかシブ目の色合いです。 逆光撮影ですが、全体的に少し青っぽくなります。 夕暮れ時の川です。 一日の終わりの寂しい雰囲気が出てます。 発色が地味なので、美しい夕焼けというのはあまり期待できないかな。 本当はもっとはっきりした景色です。 でもこの画像見てて、R2のいいとこ見つけました。コンデジと思えない柔らかい描写なんです。 青色系のフィルターを薄くかけたような色バランスです。 もう少し黄色系の発色がいいと、印象的な写真になっていいんだけど。 この軽快な操作性はなかなか撮ってる気にさせてくれます。 手振れ補正なくて、ブレやすいので要注意です。

続きを読む

古いデジカメ LED照明下でのホワイトバランス比較

古いデジカメ、20台を撮り比べてみました。 LED照明下の白いデジカメの撮影比較です。 デジカメが若干影になっている+背景も明るめという意地悪な設定です。 ホワイトバランスはすべてオートです。  【注記】    古いデジカメなので、経年劣化がありそうです。     (個体差もありそう)    新品時の性能ではありません。    まぁいっぱい持ってるので遊んでみました。 撮り比べ対象機種の写真  単純に試してみたい機種を選定しています。 CASIO Z57   少し寒色系。 コントラストが低いからモノとしての存在感が薄い。 RICOH R2   全体的に青白い。 古いリコー独特の発色のクセを感じさせます。 SONY H1   少し暖色系? 見た目には近いけど見映えはもうひとつ。 CANON G5   色バランスOK。 白いデジカメが見映えする写り! 完璧です。よくぞここまで補正しました。 Panasonic FX9 ちょっと緑色がかぶってる。 経年劣化や個体差かと思い、別の同じ機種で試したけど、同じ緑かぶりでした。 CASIO P600 少し暗い。暖色系。実際の見た感じには一番近かったりする。見映えはいま一つ。 OLYMPUS C-70Z  少し寒色系。色合いが青っぽいのと色ノリが弱いのでモノにリアルさが足りない。 CANON SX100  若干緑色傾向があるけど、明るめなのでさわ…

続きを読む

OLYMPUS E-P2 モノ撮りカメラとして利用中

フィルムカメラ時代のレンズが使えるデジカメが欲しいなぁと思ってました。 フランジバックが短いミラーレスが候補になります。 レンズ画角が変わらないフルサイズが欲しいのですが高い。 古いマイクロフォーサーズ機が安く見つかったので購入。 モノを手にして、その美しい金属ボディに感動。 ちょっと重いかな。 現在  ニコン35mmF2 AFレンズ + ニコンFマウント変換アダプター + E-P2 という組み合わせで、室内で試し撮りしていますが、 コンデジ紹介用のモノ撮りで使ってみると、すごいきれいな画像になるのでびっくり。 色がくすまず、何と言うか色純度が高い画像になってる。 画像処理で明るさコントラスト上げると階調や質感が欠落するけど、あくまで自然で美しい感じ、 画像に品格を感じます。 自然風景に使ったらどんな画像になるんだろ。 マイクロフォーサーズのレンズを持っていないので、ボチボチ探してます。 レンズまぁまぁ高いのよねぇ。 訂正)CASIO Z57の撮影画像が良くない旨の記載をしていましたが、不調になっていたのが原因でした。     該当記載部分は削除しました。     

続きを読む

IXY DIGITAL 510IS ニコイチ修理

3年近く前に買ったIXY DIGITAL 510IS (ジャンク)。 外観がきれいで救済したのですが、液晶は表示しないし、レンズも中途半端に出て元に戻らないというなかなかのジャンク品でした。 ニコイチ修理できる正常動作品(ジャンク)がやっと見つかりました。 シャッターボタンの欠損と若干のスリキズ、付属バッテリーの劣化がジャンク理由なので、使えます。 左:レンズエラー、液晶非表示。 外観はきれい。 右:シャッターボタンが欠損。 若干のスリキズと使用感あり。 早速、ニコイチ修理開始です。 ★ お約束事 ★ 分解はすべて自己責任です。 また感電する事もあります。ビックリするぐらい、指に電気が走ります。 背面から見て、右側面のコネクタカバー内のネジを2本はずします。(赤○部分) 底面の2本のネジをはずします。(赤○部分) 左側面の2本のネジをはずします。(赤○部分) 背面カバーの下側を浮かせます。 左側面にネジが見えるので、はずします。(赤○部分) 前面カバーの下側を浮かせます。 側面カバーを浮かせることで、背面カバーの上面のひっかかりをはずしやすくなります。(たぶん) ある程度、力を入れて背面カバーをはずします。  赤○部分は、背面カバー上面のひっかかってた部分。 ネジ3本はずします。(赤○部分) 前面カバーがはずれます。 …

続きを読む

LUMIX ZX1の液晶をZX3と交換してみる → 動作せず...

上側:ZX1 下側:ZX3 ZX3のジャンク機を手に入れたので、ZX1(実用の3号機)の少々暗くなった液晶と交換してみる事に。 液晶の解像度とサイズがいっしょなので交換できそうな気がする... ちなみに手に入れたZX3は外観のキズも多いですが、下記の通りCCD異常です。(久しぶりにこの悪夢の液晶画面を見ました。) 今回失敗したので詳細な分解手順は載せませんが、下記の通りです。  ・右側面の背面パネル側のネジ2本はずす  ・底面の背面パネル側のネジ2本はずす  ・左側面の背面パネル側のネジ2本はずす  ・背面パネルを本体とのすき間から広げていき、はずす。  ・背面パネル液晶のリボンケーブルが本体側につながっているので、本体側コネクタ部のロックバーを引き起こして、リボンケーブルを引き抜く。  ・背面パネルから、液晶部をはずす(2ヶ所ツメではまっているので、そこをはずす) 同様な手順でもう1台分解して、2台の液晶のリボンケーブルを比較すると、リボンケーブル内のプリント配線が同じじゃない。 んんん? ダメかも。 とりあえず組み立てて、電源ON!  → 電源入らず。 リボンケーブルのコネクタ抜き差しして再度電源ON。  → やはり電源入らず。 2台とも元の液晶にもどして、電源ON。  → 正常に電源が入った。 という事でZX1にZX3の液晶は使えませんでした。

続きを読む

CASIO EXLIM FC400S インプレッション

近所の桜撮影に、CASIO EXLIM FC400S (ベースモデル:ZR1100)を持ち出してみました。 【仕様】  CCD  1 / 2.3インチ 1610万画素  (裏面CMOS) レンズ 4.24~53.0 mm/ F 3.0 - 5.9 ; 24 - 300 mm(フルサイズ換算) 特徴としては、下記の通り。  ・コンデジにしては少し大きめ。重さ256g(電池込み。バッテリーの容量が大きい=撮影枚数470枚)  ・24mm-300mm(35ミリフィルム換算)と、かなり使えるズームレンズ。  ・CCDのサイズは標準的な1/2.3インチだが、裏面CMOSタイプ。  ・液晶が、3インチ92万ドットと高精細。上下チルト可能。  ・カメラ自体のレスポンスが高速。     カメラの起動が速い     オートフォーカスが速い(望遠側は普通)     ズームが速い 実際に使ってみると、  ・レスポンスがいい  ・欲しいズーム域をカバーしている  ・レンズ鏡筒基部のリングに、露出補正の機能を割り当てれる=よく行う操作が簡単 という事で、とにかく軽快に撮影できました。 一眼レフ系だったら、こうはいきません。  ・重い=本体、レンズを気にしながら動く事になる  ・しっかり両手で構えて操作が必要   撮った写真の美しさは一眼がいいのは間違いありませんが、スナップ的に持ち出すなら、 このカメラはなかなかいいです。 下記は撮った写真です。  …

続きを読む

桜の撮り比べ Panasonic ZX1 / SONY H1 / FUJIFILM S3Pro

近所の桜を撮り比べてみました。 ① Panasonic ZX1 8倍ズームなのにコンパクト。コンパクトだけどとても持ちやすい。 発色もそこそこいい。 愛用機(最近いろんな機種を持ち歩いているので愛用できてないけど?)。 ② SONY H1 美しい発色をする12倍ズーム機。500万画素。広角が弱いのが残念。 ③ FUJIFILM S3Pro APS一眼。バランスの撮れたきれいな発色をするカメラ。 ZX1で撮った写真 H1で撮った写真 S3Proで撮った写真 H1の発色が美しい~。 S3Proはニュートラルにきれいな発色。 ZX1はすっきり系。ちょっと冴えない感じ。

続きを読む

PENTAX Optio S1 AF異常 → 正常になった

ジャンクコーナーでPENTAXの小さなコンデジ(Optio S1)を発見。 汚れが目立つけど、キズはかなり少ない。ウェットで拭いたらきれいになりそう。 ふーん、小さいけど5倍ズームとなかなか。広角は28mmっぽい。 黒でカッコいい。 救済実行。 【仕様】 CCD  1 / 2.3インチ 1400万画素 レンズ 5 - 25 mm/ F 3.9 - 5.7 ; 28 - 140 mm(フルサイズ換算) たぶんバッテリーは切れてるから、まずは充電。 すぐに完了。 ん?? 電池入れて、電源ON。  → 電源入ったけど、液晶表示せず。 ...ジャンクか。 もう一度電源切って、電源ON。  → 液晶点いたけど、レンズが繰り出さず。 ...少し改善した? もう一度電源切って、電源ON。  → レンズが繰り出した。 ...撮れるかな? ズームレバーを操作する。  → ズームできた。でもピントが合っていない。 シャッターを押す。  → ピントが動かず...  やっぱジャンクか マクロにしてみる  → ピントが動かず。 上記を何回か繰り返しながら、なかば諦めかけてたけど、 試しに、MFで手動でフォーカス位置を変更。  → ピントが動いた! そしてAFに切り替えてみると、  → AFが効きだした。やったー治った。 今は普通に動いてます。 さて今回手に入れたOptio S1って、ほかの小さめコンデジと比べてどうなんでしょう? …

続きを読む

美品なコンデジ入手! CASIO EXLIM H15 ファーストインプレ。

メルカリでEXLIM H15 を格安で入手。 届いたモノを見て、びっくり! 美品...新品!って感じです。 いつも多かれ少なかれキズがあるので、特別なモノを手に入れたみたいで嬉しい~! 【仕様】 CCD  1 / 2.3インチ 1410万画素 レンズ 4.3 - 43.0 mm/ F 3.3 - 5.7 ; 24 - 240 mm(フルサイズ換算) 操作レスポンス、液晶表示のレスポンスがいい。 古いコンデジを試している事が多く、動作が遅いモノが多いので、H15の軽快な動作が気持ちいい。 愛用のZX1との比較 ZX1よりちょい大きい。 また、バッテリー込みの重さも ZX1:160g H15:206g でちょい重い。 犬の散歩でポケットに入れて持ち歩くのにギリギリ許容範囲かな。 早速、試写してみました。  ※クリックすると単純に長辺1280ピクセルにリサイズした画像が見れます。 24mm広角端の写真です。 発色はナチュラル。描写は柔らかめでしょうか。広角特有の歪みを感じさせないのがいいです。 逆光撮影。 ハレーション、ゴーストがかなり少ないですね。 青空を映す川面がきれいなので撮ってみました。 最近古いコンデジ(低倍率ズーム)ばかり持ち歩いてるので、広角24mm~望遠240mmをこなすこのカメラはとても使いやすい。 思った場所が切り取れます。 望遠側で背景をぼかしてみまし…

続きを読む

CANON PowerShot A640 ほんのちょっと修理

前々からバリアングル液晶のついたコンデジってなんかいいなぁと思ってて、 PowerShot A640の精悍なデザインを見た時、「いつか手に入れたい。」と思ってた。 長い(?)月日を経て、ジャンクコーナーで発見。 救済しました。 持って帰って、電池入れて、正常動作を確認。 ただ、なぜかグリップ部がきしむ。 分解してグリップ部の補強等が必要かと見てたら、底面パネルがきちんとはまっていないのを発見。 それにネジが1個ない。 背面から見て、左側面のネジ2本と底面のネジ2本(もう1本はネジがない)をはずして、 きちんとはめ直して、ネジ止めして、+足りないネジ1本適当に追加。 で、グリップのきしみは? ・・・変わらず。 また今度もっと分解してみてみましょう。

続きを読む

充電日和 ...天気とは関係ありませんが

今日は、家族がみんなお出かけなんで、思う存分デジカメに入っているバッテリーの充電をしました。 充電して終わったら、動作確認です。 以前から少し調子悪かったFinePix F70EXRのズーム操作が効かなくなってますね。 あと液晶の黄変が少し現れている機種があります。 この黄変って片側から現れるんですが、何か置き方も関係あるんだろうか。 スペース効率よく保管している都合上、側面を上下になるように箱の中に並べている。 まさかその置き方が悪いとかないよねぇ... 今回はギリコンデジと呼べる機種が対象で充電+チェックをしている。 その中で、ちょっと大きくて気軽に持ち歩けないけど、モノとしていいなぁと感じたのが下記2機種。 CASIO EX-P600 と OLYMPUS C-70 zoom EX-P600 はデザイン的には洗練されていないけど、金属感が強くてなかなか存在感があります。 画質もすごくいいし。 C-70 zoom はデザイン凝ってます。 なかなかカッコイイ。 次の充電は、明るいレンズとか高倍率ズームを搭載した少し大きめのコンデジ(?)です。 これまた楽しそう。

続きを読む

LUMIX FX60-66 x4 悩ましい機器たち

スタイルが気に入って修理したい機種 FX60 FX66.。 合計4個持ってます。 いやぁいい眺めですね。 ってそんな話じゃありません。。。 最初に救済したFX60(シルバー:1号機)は、システムエラー(レンズエラー)の故障機。 次に救済したFX66(シルバー:2号機)は、キズが多い正常動作品。 FX60の外装交換で使えるかと思いきや、外部出力端子が変わって、カバー部のサイズが異なり交換できず。 3番目に救済した外装のきれいなFX60(ゴールド:3号機)は、液晶NG機。 FX60の液晶を最初のFX60(シルバー)と交換してOKになるはずが、少し使うと「電源を入れなおしてください。」のメッセージ。  んんんむっ。なぜだ。もともと液晶NG機(FX60ゴールド)もメインボードの障害持っていたのだろうか。 で、なかなかFX60-66を見かけず時が過ぎてましたが、FX66(ゴールド:4号機)を発見。故障して動かないらしい。 届いて電源入れてみると、システムエラー(フォーカス)。 外見はきれいなので、キズが多い2号機の本体を使って外装をゴールドに替えるのは可能。 でも2台を並べて見ていると、キズが多い2号機はレンズまわりのキズも多い。 外装はきれいでもレンズまわりはキズだらけになるので、ちょっと悩むところ。 レンズ部はFX60と同じ可能性があるので、FX60のきれいな方を使えばいけるかなぁと思い、  FX60(ゴールド:3号機)のレンズユニット  FX6…

続きを読む

古いカメラメーカーが通用しないコンデジの世界

古いコンデジをいろいろ触ってて思う事。 フィルムカメラ時代のモノ造りの良さとコンデジの世界ってまったくと言っていいほど関係がない。 フィルムカメラ(特に一眼レフ)はメカの良さや耐久性が重要だったけど、コンデジはレンズ駆動系ぐらいがメカであとは電子デバイスのかたまり。 実際500万画素オーバーのコンデジ見てみると、実用的なのはパナソニックやカシオ、リコー。 ニコンは遅すぎだし、キャノンはCCD異常やレンズエラー機多すぎ。 今後一眼もEVFが優位なので、いかにいい電子デバイスを採用して使いやすくまとめるかになる。 それって家電メーカーの方が優位では?? 極限の世界で使えるカメラはノウハウ持ったカメラメーカーが強いかもしれないけど、普通の人はそんなとこで写真撮らないし... 最近手に入れたCOOLPIX5100。モノ的にはいいんだけれど、操作レスポンスの遅さとズーム倍率の低さにため息をついてます。 そういえばニコンD200の発色のクセは自然風景では使いにくいかったなぁ。一世代前の富士フィルムS3Proの方が全然いいし。 ※スポーツ撮影はD200いいですけどね。 ニコンの一眼レフ(F801s)を持ってて、デジタルもニコンがいいに決まっている。って思いこんでて、過去の栄光を信じた自分が無知でした。って感じです。

続きを読む

CaplioR2入手。コンデジにしては大き目のレンズがいい。

RXが故障してから、RXかR1、R2を探してました。 やっとR2をゲット。 【仕様】 CCD  1 / 2.5インチ 502万画素 レンズ 4.6 - 22.2 mm/ F 3.3 - 4.8 ; 28 - 135 mm(フルサイズ換算) このカメラも電源入れた時のレンズ繰り出し音がいい。 ジャージャーした音なので、静かな場所には向きませんが。 そしてたぶん見た感じ、RXと同じよなレンズ構成。 広角いけますよって感じのレンズ。いいですね。 最近のコンデジはレンズ前面に逆光対策の枠がついてますが、 この枠のないレンズって、レンズがきれいに見えるのでいいですね。 逆光には良くないですが... 試写が楽しみです。

続きを読む

FUJIFILM F200EXR ニコイチ修理

名機と名高いF200EXRのジャンク機を持ってました。 電源を入れても、突然再起動をするので、まぁ使えません。 そして液晶割れのジャンク機入手。 前にFUJIFILM機を分解してて感電したことあるので、電池抜いて2ヶ月ほど放置してました。  ※2ヶ月で放電が十分かどうかは知りません。   フラッシュ用コンデンサーの充放電の状況によるでしょうし、自己責任です。 【仕様】 CCD  1 / 1.6インチ 1200万画素 レンズ 6.4 - 32 mm/ F 3.3 - 5.1 ; 28 - 405 mm(フルサイズ換算) 左:メインボード故障機(たぶん) 右:液晶割れ機 外装のキズは、微妙に液晶割れ機が多い。(写真ではわかりにくい)  → 外装は基本的にメインボード故障機を使おう。 右の液晶割れ機は、よく見ると液晶割れが見える。また液晶側外装に凹みあり。 側面のコネクタカバーやストラップ取付部はメインボード故障機は変色してたり、腐食がある。  → このパーツは液晶割れ機を使おう。 下記組み合わせを計画  外装:      メインボード故障機  側面プレート: 液晶割れ機  液晶:      メインボード故障機  本体(メインボード、光学関連ユニットほか): 液晶割れ機 さぁニコイチ修理開始です。 ★ お約束事 ★ 分解はすべて自己責任です。 また感電する事もあります。ビックリするぐらい、…

続きを読む

欲しいけど我慢して買わないモノ ~ブリッジカメラ(フィルム)~

フィルムカメラは、ジャンクデジカメと同じ扱いで売られてますが、 その中にブリッジカメラも混じってます。 プラスティック外装なので、キズの多い個体が多いですが、 きれいな個体があると欲しくなります。 あの個性的な外観にはちょっとキュンと来ますね。 そしてレンズもだいたい大きいので、心がうずく。 フィルムカメラは大好きな一眼レフでさえ、最近稼働ゼロなので、 ブリッジカメラ買っても使う事はないので、我慢してます。 ミノルタAPEX105 の白モデルできれいな個体が突然目の前に現れたら、買うかも。。。 我慢できそうにありません。 ブリッジカメラではないですが、おもしろいコンパクトカメラ持ってます。 リコー マイポートズームワイド。 何がおもしろいかというと、 広角は28mmがあります。ズームの広角端(38mm)の途中にレンズを挿し込み、 無理やり28mmにするという荒技なので、周辺光量落ちがなかなかで、使う気になりませんが。 望遠側は105mm/F5.5と明るいです。まぁまぁきれいにボケます。 多くのブリッジカメラより明るい望遠を持ち、使えないけど28mmもある。 当時、ディスコンで安くなってたのを見つけて、買っちゃっいました。 カタログ見比べて、楽しんでたブリッジカメラ。 欲しいなぁ。

続きを読む

RICOH CaplioRX 試写2 ~ CCD故障..

Caplio RX の前回レポートが意地悪な状況だったので、今回は普通に撮ってみました。 Caplio RX 【外観】 【仕様】 CCD  1 / 2.7 インチ 324万画素 レンズ 4.3 - 15.3 mm / F 3.1 - 5.8 ; 28 - 100 mm(フルサイズ換算) オートのままで、露出がいい感じです。 四隅で一部周辺光量不足が起きてます。 無理のないきれいな色が出てますね。 日暮れの景色もきれいな色で撮れてます。 このあと、夕陽の方を向けて撮ってたら、撮影画像が真っ白に。 明るくない方を向けて撮ると普通の明るさになるけど、画像に横縞模様が入るようになった。 ・・・という事で、  ・電源ON時のレンズ駆動音の良さ  ・起動の速さ  ・AFの速さ  ・単3電池仕様  ・デザインがちょっと好み だったRXは故障機になっちゃいました。 RXの部品取り機はなかなか出てこないだろうなぁ... R1やR2でもいいから、少し気長に待ちましょ。

続きを読む

Panasonic LUMIX FX7 ニコイチ修理

Lumixで珍しいイ色(ピンクブロンズ)のFX7を発見。 救済しました。 【写真】 【仕様】 CCD  1 / 2.5インチ 500万画素 レンズ 5.8 - 17.4 mm/ F 2.8 - 5 ; 35 - 105 mm(フルサイズ換算) 動作確認すると、ズーム操作の広角側への操作が効かない。(望遠側への操作はOK) 電源OFFすると、きちんとレンズが収納されるので、レンズユニットの問題ではなさそう。 おそらく操作レバー部の故障。 しばし、安いニコイチ機が出るのを待ってました。 2ヶ月ほどで出てきました。 バッテリー抑えのツメが折れてて、液晶も点かないので、ほかに故障している場所はわかりませんが、 操作部の問題はないと信じて、ニコイチ分解修理スタートです。 上:修理機(ピンクブロンズ) 下:部品取り機(シルバー) ★ お約束事 ★ 分解はすべて自己責任です。 また感電する事もあります。ビックリするぐらい、指に電気が走ります。 分解画像は2機種混在になってますが、手順は同じなので。 右側面のネジ(赤○部分)2本をはずします。 底面のネジ(赤○部分)3本をはずします。 左側面のネジ(赤○部分)1本をはずします。 背面カバーをはずします。 少しずつすき間を広げていきます。 結構、はずすのに力がいります。 また背面から見た時の右側部分に背面カバーの液晶と本体をつなぐリボンケーブル(赤○…

続きを読む

SONY Cyber-shot H1 晩秋の景色を撮る

SONY Cyber-shot H1 を片手に、晩秋の景色を撮ってみました。 【写真】 【仕様】 CCD  1 / 2.5インチ 510万画素 ; Super HAD CCD レンズ 6 - 72 mm/ F 2.8 - 3.7 ; 36 - 432 mm(フルサイズ換算) H1で撮ると画像が美しい。自然で温かみのある美しい発色をするんです。 これで広角が強ければ相当いいのに... 撮影したのは夕方の景色です。

続きを読む

Cyber-shot W270 (レッド)ってなんかいい。

ジャンクで見つけた Cyber-shot W270 (レッド)。 【写真】 【仕様】 CCD  1 / 2.3 インチ 1210万画素 ; Super HAD CCD レンズ 5 - 25 mm/ F 3.3 - 5.2 ; 28 - 140 mm(フルサイズ換算) 前に中古で買った Cyber-shot W170 (ゴールド)が気に入らなかったのに、W270救済しちゃいました。 W170はこれ↓ W170 (ゴールド)が気に入らなかったポイント。  ・なぜか液晶画像がノイジー。  ・電源ボタンを押した時の反応が悪い。← 中古だから調子悪い気がする。  ・最初はいいと思ったデザインが嫌になった。    凹状のサイドラインが変。    微妙に高さが高くて野暮ったい。    光学ファインダー部の背面デザインが良くない。 W170 (ゴールド)とW270 (レッド)を並べてみました。 比較写真ではわかりにくいですが、  W270 (レッド)は高さがほんの少し低くなっています。また横幅はほんの少し長くなってます。   = 少しスマートになったと思う  光学ファインダーが省かれて、背面デザインがすっきりしました。 それと液晶画像はノイジーさが無くなりました。 色ですが、赤系は好きではないのですが、このカメラの赤色は深く、サイドラインの濃いグレーと組み合わさってかなりいいです。サイドラインの形も凸状になって違和感がないです…

続きを読む

LED電球の進歩

LED電球と言えば低消費電力ですが、 今のLED電球は、以前に比べて消費電力が少なくなっています。 同じ40W型(全光束:485ルーメン)、広配光タイプの同じメーカーで比べてみると、  以前のタイプ パナソニック LDA7D-G/K40/W  消費電力 6.6W 発売日:2013年 6月21日               ↓  今のタイプ  パナソニック LDA4D-G/K40E/S/W 消費電力 4.4W 発売日:2016年 6月21日 消費電力は、2/3になってます。 進歩してますね。 車のヘッドライトもLED化したいなぁと思いますが、まだ値段高いし、たぶん大光量のLEDチップも これからどんどん進歩しそうな気がします。 ちょっと我慢して待っていようかと思います。 参考までに  白熱球      消費電力 36W  寿命 1000時間  電球型蛍光灯  消費電力 7W   寿命 6000時間  LED電球     消費電力 4.4W  寿命 40000時間 です。 ちなみに各タイプの問題点は  白熱球は、熱いです。==> 夏場は使いたくない。  電球型蛍光灯は、明るくなるまでに時間がかかります。               ==> 特に冬場は点灯した瞬間では部屋が暗くて。             また特性上チラつきがある。               ==> なんか目が疲れます。             ジーッという小…

続きを読む

RICOH CaplioRX ちょっとだけ試写

外観がなかなかいいCaplioRX。 【写真】 【仕様】 CCD  1 / 2.7 インチ 324万画素 レンズ 4.3 - 15.3 mm / F 3.1 - 5.8 ; 28 - 100 mm(フルサイズ換算) 写りはどんなか試写してみました。 まずは青空の発色。 ん~ 空が青すぎるかな... 当時のCaplioシリーズの特徴的な赤・ピンク系の発色確認です。 浮いたような明るい発色は健在です。 全体的に露出が明るく、独特な雰囲気の写真になってる。ちょっと面白いかも。 普通の光景はどんなでしょうか? これは見た目通りの発色で空気感が出てて、いい写真です。 太陽が入ったかなり意地悪な写真。 フレアも盛大ですが、真ん中下側のゴーストがすごい! ここまですごいと、遊び的な使い方ができて楽しいかも。 どちらかと言うと意地悪な試写をしたんですが、意地悪な試写ばかりなので、もう少し普通の光景がどんな写りをするか試してみたいです。  ・・・ 外観が好みなのでもう少しいろいろ使ってみたい。  ・・・ レンズはなんか安っぽいけど、レンズ繰り出し時のモーター音とかはなかなかカッコイイ。

続きを読む

なぜか買ってしまった...RICOH CaplioRX

個人の印象としては、あまりよろしくないCaplioシリーズ。 何が悪いって、長く使ってたG4wideは発色にクセがあって、 赤色~ピンク色が不自然に浮いたような派手な色になるんです。 そして画像もノイジー。 発色のクセはR3もその傾向が残ってて、R5J、R7でおさまって、使える機種になった・・そんな印象があります。。 RXはG4wideと非常に近い血縁関係にあるので、同じ発色の問題を抱えてそう。 そしてレンズ鏡筒のぐらつきもマイナス要素です。 なのに、RXを買ってしまった... 【写真】 【仕様】 CCD  1 / 2.7 インチ 324万画素 レンズ 4.3 - 15.3 mm / F 3.1 - 5.8 ; 28 - 100 mm(フルサイズ換算) 理由を考えてみた。 美品で、デザインが良くて、200円だったから。 ちょっと厚みがあるのですが、なかなか造りの良さそうな外観です。 印象悪いけど愛用したG4wideと比べてみました。 前から見たら、 前から見たら大きさはいっしょぐらい。 上から見たら、 RXのトップカバーのデザインがなかなか美しい。 厚みは、 かなり減りました。でも厚いです。 背面は、 液晶画面がちょっとだけ大きくなりました。 画面も明るいようです。 さて、画質はどうでしょうか? 期待はしていませ~ん。

続きを読む

24時間時計をGet!

ここ数年欲しい腕時計がありました。 今が1日の中でどんな時か直感的にわかる、太陽のいまの場所がわかる、そんな時計です。 機能として、24時間表示(24時間で針が1周する)で、お昼12時に針が真上を指す時計になります。 1日の生活リズムがよくないと感じてて、24時間時計なら、遅くまで起きてた時に、針の位置で、朝までもう時間が少ないとか感じられるのがいいなぁ...と。 でもこの24時間表示の時計は少ない上に、12時に針が真上というのがその中でもレア。 探した中で一番いいのは、 ◆ ジャケ・ドロー グラン・ウール ◆  写真はGMTモデル これは美しいし、機械式。値段も70万円~ まぁ夢の時計です。 次に目に止まったのが、 ◆ ボッタ デザイン ウーノ24ネオ ◆ デザインはシンプルで、気軽に使えそう。 値段は7万円~ クォーツなのが残念。 家族持ちが気軽に買える値段ではないし、もし7万円出すなら他に欲しいモノ買っちゃいます。 たまたま、時計専門店で見つけたのが、 ◆ タックス デイアンドナイト ◆ 個性的なデザインが悩ましいとこ。 値段は2万5千円。国産。クォーツ(ムーブメントはボッタデザインと同じスイスRONDA製)。 2万5千円って、もう少しお金足せば、普通にいい時計が見つかる。 ほかにもないかぼちぼちネットで探してたら、メルカリで「タックス デイアンドナイト 7000円」で出品あり。 一瞬悩みましたが、こんな…

続きを読む

ソニー WX300 試写レポート

20倍ズームを搭載した小型コンデジ(ソニーWX300)の試写レポートです。 【写真】 【仕様】 CMOS 1 / 2.3 インチ 1820万画素 ; Exmor R レンズ  4.3 - 86 mm/ F 3.5 -6.5 ; 25 - 500mm(フルサイズ換算)  ※写真をクリックすると長辺1280ピクセルに単純にリサイズした写真が確認できます。 まずは面白い写真から。  ※別にWX300だから撮れたという写真ではないです。 背景が黒だったら、宇宙の写真ですね。 フェリーのアンテナ部と月の写真でした。 超望遠が使えて高感度特性がいいので、満月を撮ってみました。 普通に撮ると真っ白なので、露出を-2しましたが、真っ白のままでした。 メニュー調べてたら、スポット測光があるので、今度試してみましょう。 => スポット測光で満月撮ってみました。      スポット測光 露出補正なしだと白いだけになったので、-1補正。      シャッタースピード 1/500でした。 =>等倍写真(横幅1280ピクセルで切り抜き)はこんな感じです。 =>今まで撮れなかった月面のクレーターがバッチリ写ってます。    すごい! コンデジでこんなのが撮れるとは... 近所のスナップ。 コスモス撮ってみました。 明るい晴れた日だと、ちょっと空気感のないカリカリの写真です。 古いですが、同じソニーのH1…

続きを読む

朗報 ニコンがミラーレス一眼レフに参入。

ニコンがミラーレスに参戦との事。 ちょっと嬉しかったりします。 もしミラーレス一眼が売れて主流になれば、今はまだ高いフルサイズの 光学ファインダー型一眼レフの中古相場も下がってくる事でしょう。 家族持ちとしては、無理せず買える値段に早くなってほしいとこです。 ひとりごとでした。

続きを読む

IXY DIGITAL 920IS ファーストインプレッション

新たにIXY 920ISを救済しました。 適度な重みとしっかりした筐体が、なかなかいいです。 本体に入っていた電池は過放電で充電できず、あとでリバイブして復活。 同じ電池を持っていたので装填して、電源ON。 「レンズエラー」を表示。 またもキャノンの洗礼、レンズエラーか...と思いながら、 もう一回電源切って電源入れると、今度は正常起動。 良かった。。。 その後レンズエラーは起きてません。 キャノンの少し古いデジカメ【800IS】があったので、比べてみました。 大きさはいっしょぐらい。 レンズまわりのおおきな飾りリングも同じです。 デザイン的に800ISは凝ってますね。曲面を駆使した独特のデザインです。 好き嫌いは別として、もうこんな手の込んだデザインのカメラは出てこないでしょうね。 本体の色が暗いのが残念です。 一方、920ISはカクくて比較的シンプル。ツートンのデザインがなかなかカッコいいです。 レンズは広角側が、  800IS 35mm  920IS 28mm   (35mmフィルム換算) と広くなって良くなりました。 このデジカメの液晶って明るいです。 発売は1年違いますが、ZX1の液晶を比べてみました。  上側:920IS(2008年9月発売)  下側:ZX1(2009年8月発売) 上の写真ではあんまり差が無いですが、実際には結構差があります。 液晶自体の明るさは920ISの方が明る…

続きを読む

IXY DIGITAL 500 試写

分厚いけど、デザインがなかなか素敵なIXY DIGITAL 500。 リコールかかったCCDですが、500万画素1/1.8型が、どんなか試し撮りしてみました。 自然風景です  ※画像をクリックしていくと長辺1280ピクセルに単純リサイズした写真が見れます。 ちなみに等倍画像です。 明るい感じの発色ですね。 少し実在感が弱い感じがする。 CCDの1画素1画素は安定した色で写ってます。 街の景色です。  ※画像をクリックしていくと長辺1280ピクセルに単純リサイズした写真が見れます。 ちなみに等倍画像です。 空の発色はいい感じ。 1画素1画素は、すこしぼやけている感じかな。 なんだろ?コントラストが弱い? この500万画素1/1.8型は期待していただけに、普通ぐらいでちょっと残念です。 発色はいいけど、ちょっと軽いというか明るい感じです。 CCDというよりは、画像処理エンジンがもう一つかもしれません。

続きを読む

ZX1 ニコイチ修理 → 実用の3号機

ZX1(ジャンク)をメルカリで発見。 ズームエラー機。 部品取り機のCCDレンズユニットが使えるので、メルカリ機を入手してニコイチ修理を計画。 メルカリ入手機。 部品取り機。 もともと底面の電池カバーが壊れていた(ジャンク)。 部品取り機の部品交換されてる状況。 ・トップカバー ・・・ メイン機(1号機)の銀メッキがはげたので交換。 ・液晶 ・・・ 白モデル(2号機)の液晶が右側黄変分と交換。 今回、CCDレンズユニットも部品取りされる予定。 CCDゴミ取りをよく行っているので、ZX1の分解は慣れてます。 それに、ほんと分解しやすい、いいカメラです。 分解方法はだいたい下記ページが使えます。(ZX3を分解したときのブログページ) https://kazu-prv.at.webry.info/201803/article_5.html 正確には、  ・背面液晶のケーブルは、はずさなくても交換作業は可能。    リボンケーブルを破損しないように扱いは慎重に。  ・CCD部を開ける手順は不要。  ・CCDレンズユニットをメインボードからはずすのに、メインボードとつながっているリボンケーブル2本をはずす必要あり。(本体メイン基板側コネクタ部のロックバーをはね上げてからケーブルを抜く) 2台の分解写真。 分解してモノも見比べて、メルカリ機の下記部品を交換。 ・前面カバー     部品取り機の方が若干きれいだった。 ・CC…

続きを読む

LUMIX ZX1 に強敵現る! Cyber-shot WX300

【序章?】 ジャンクかごにソニーのWX300の黒を発見! 既にWX350(白)のジャンク個体を持ってるので、 なんか修理できないかと入手。 このWX300(黒)は電池カバー部が浮いてる。 落としキズがあるので、落下の衝撃で浮いたと思われる。 電池カバー部を手で直そうとしたら、内部の金属を止めるプラの部位が破損。 あぁーやっちゃった... しかしこのケースのプラ薄くて弱すぎ。 こんな貧弱なデジカメはいけんなぁと思いながら、家に帰ってじっくり見る。 電池入れてみる。  → おぉっ、普通に動くではないか。     これは直したいなぁ。 破損した部位は特に圧力がかからないから、接着剤でくっつけたのでなんとかなりそう。 という事で、接着。 一晩置いてみてみる。 いい感じでくっついている。 OKです。 【本題】 WX300って20倍ズームだけど、小さい。 愛機のZX1と並べてみた。 すげー、ZX1と大きさが変わらない。 モノとしての魅力、造りの良さはZX1の圧勝だけどね。 厚みは? ほぼ同じやんか... 背面液晶は? WX300の方が大きい。 液晶の明るさもWX300の方が明るそう。 電源入れた時はどんな感じ? CCDサイズが同じ1/2.33インチで、同じ25mm(35mmフィルムカメラ換算)で、解放F値も変わらず。 でも、繰り出し量は結構違う。 広角端 望遠端 …

続きを読む

ジャンク水中デジカメを試す

大丈夫そうな(?キズが少ないだけで根拠なし。)ジャンク水中デジカメを持って、 海で遊びながら試してみました。 持って行ったのは、下の3機種。 左上:FUJIFILM Z33WP 左下:OLYMPUS μ-mini DIGITAL + ハウジング 右: PENTAX OPTIO WP 予想では  OLYMPUS μ-mini DIGITAL + ハウジング がバッチリ使える  FUJIFILM Z33WPは美品なので、問題なし  PENTAX OPTIO WP は古いから浸水するかも... 結果は、  FUJIFILM Z33WPはシャッターボタンが押せない。              ビデオ撮影はOK。  OLYMPUS μ-mini DIGITAL + ハウジングは、              しばらく使っている間にハウジング内が曇り始めた。              密閉されてない状況。曇っているので撮影もできない。  PENTAX OPTIO WP 問題なく使えた。 ものの見事にはずれました。 画質もPENTAX OPTIO WPがなかなかシャープに撮れてました。         

続きを読む

Caplio R7 分解・・・レンズユニットの交換は断念。

レンズ故障したR7を直そうと、ニコイチ部品取り機を入手。 電源が入らない個体だったので、CCD+レンズユニットが生きている事を 願って、分解してみました。 このR7はなかなか厄介なモノで、個人の主観で言わせていただくと、 修理することを考えていない、ベタに造られた機械です。 分解に結構手間取りました。 ある程度分解した写真が下記です。 位置的には  CCDレンズユニット                  液晶  メインボード サブボード 分解修理しづらい点をいくつか。 液晶の電気供給(たぶん)ケーブルはハンダ直付け... リボンケーブルのコネクタ部ですが、ロックバーのはね上げ式でない。おそらくはめ込み固定。 それも固定用パーツが小さいから、無理にはずそうものなら固定部位が折れそう... CCDの固定金具と方法も、ん?って感じ。普通だったらネジはずしたらいいだけ。 あちこちで散見される接着テープ。 普通ネジ固定でしょう。 R7の修理は、正常動作品とのニコイチぐらいしか方法は無さそう。 案外、美品の正常動作品が安く出たりしそうですが。

続きを読む

LUMIX がいっぱい。

今回は、「ちょっといいものいっぱい持ってるぞ!」っていう自己満足な話です。 持ってるデジカメは定期的に動かしてます。 大切なジャンクカメラ(=ほぼ正常動作品=)ですから、 コンディションを保つために軽く動作させて、チェックしないといけません。 今日は大好きなLUMIXを引っ張り出して動作チェックです。 せっかくだから並べて、目を楽しませて、今までの救済活動の結果を振り返りましょう。  ※画像をクリックしていくと大き目の画像が見れます。 左列上から、 ・FX7  本体が小型で液晶が大きいLUMIXの初号モデル。  最初に買ったジャンクデジカメ。動作したものだから大喜びでした。  電源スイッチが勝手にON/OFFを繰り返す持病持ちです。  そのうち直しましょう。と思いながら、若干キズがあるので、  安くて美品のジャンクが出ないかと待ってます。 ・FX8  外観美品。  ズーム音が少しノイジーかな。 ・FX9  外観良品。  液晶の解像度が上がった。  動作良好。 ・FX01  この機種から広角が28mmで、ズーム倍率3.6倍に。  丸みを帯びたデザインが特に美しい。  外観美品に近い。トップカバーに少しヘコミあり。  そのうち交換して直しましょう。 ・FX07  FX01とほぼ同じデザイン。  美しいデザインだけど、最初に手に入れたのがキズ多かったので、  外観良品(故障品)なモノを入手してニコイチ化。  美品が欲しい…

続きを読む

IXY DIGITAL 500 CCD正常個体をGET!

今までさんざんCCD異常個体を救済しました。 あまりにも不遇だから、負の連鎖を断ち切るべく、 ちょっと高くても正常動作品を入手しようかと思ってました。 たまたま、売場で電源が入って、CCD画像が正常に映る個体を発見! 液晶画像を見た瞬間、神が舞い降りたかのような気分でした。 外装のキズはちょっとある。 さて通常のシルバーモデルだけど、White Limitedとニコイチを計画。                    ↑      きれいなシルバーモデルとWhite Limitedを比べた写真 外装交換だけだと、レンズ鏡筒の一部の白枠部分が銅色になる。  ちなみに..   ネットで IXY DIGITAL 500 White Limited の画像を検索すると、レンズ鏡筒が銅色だったり   銀色だったりする写真がちょこちょこ出てくる。   シルバーモデルとのニコイチ修理をしたんでしょうね。 レンズの白枠を変える方法は? レンズの白枠をはずして交換する。  → すき間にカッター挿し込んではずそうとしたけど、なんか貼りついてる感じ。     無理っぽい。 CCD側からレンズユニットをはずして、レンズユニットごと入れ替える。  → 分解手順をネットで調べたけど、かなりやっかいそう。 なんか頑張る気力が無いので、シルバーモデルのキレイ版正常個体を作る事にしました。 捨てるつもりだったCCD異常個体があったので、外装がき…

続きを読む

アンタッチャブルなモデル IXY DIGITAL 400/500

IXY DIGITAL 500 WhiteLimited。 このモデルは美しい。 でも大問題のソニー製CCD異常の対象機種。 美品な白モデルを持っているものだから、なんとか修理したいと 運試しでジャンク機を入手するが、どれもこれも電源を入れると、紫色の映像が流れる。 いつまでたっても正常個体ができない (T_T) 不幸を呼ぶ機種だと思う。 いや、本当はアンタッチャブルな機種かもしれない。 早く手放すべきかも。 美品を入手していなければ...

続きを読む

FinePix S3Pro 発色いいです。風景撮影ならD200より全然いい!

最近手に入れたS3Proで写真撮ってみました。 色のチェックがしやすい、紫陽花です。 いいですね。 きれいに色が出ます。 赤系の色が強く出て、さわやかな雰囲気が出にくいD200と大違いです。 カメラは少しでも小さいデザインが好きなので、 S3Proの縦位置グリップは嫌いですが、実際使ってみると、便利ですね。 そして我が家の犬。 なんかいい雰囲気で撮れてます。 風景に使いやすそうなカメラですね。 D200をなんとか風景で使おうと、あがいてたので、呪縛から解き放たれた気分です。

続きを読む

最近手に入れたモノ COOLPIX P80,3700 FinePix S3Pro

最近ちょっと楽しめそうな?デジカメ手に入れました。 1番手は、COOLPIX P80。 美品です。 美品なんですが、色が黒で飾りが少ないから美品に見えない... 動作するか不具合がないか、電池が無くて不明です。 2番手は、COOLPIX 3700。 P80の電池が欲しくて、同じ電池使ってる別機種(電池込み)を探してたのですが、なかなか安いのが無くて、 なぜか同じ電池使ってる3700(電池なし)を手に入れました。 小さくて実用性は無さげだけど、小さい金属ボディに惹かれました。 これも動作するかわかりません。たぶん3.2メガなので動きそうな気がする。 ※高画素モデルや比較的新しいモデルはジャンクの可能性が高くなるので。 互換電池を購入。 動作確認した結果は、P80、3700とも動作しました。 さて、画質はどんなでしょうか? P80は最近その画質に喜んだCyberShot DSC-H1に匹敵するでしょうか? 3700は普段使いができるモノでしょうか? 試写したいデジカメがまだあるので、ぼちぼち遊びましょう。 さて本命?の3番手が、FinePix S3Pro(本体のみ)。 ありえない値段で売ってました。 S5Proが欲しくて、安いのが出ないかネットで探しているのですが、結構高いです。 S5Proと同じ躯体のD200を持ってますが、D200は少し色にクセがあるので、あまり出番がありません。 S5Proの前モ…

続きを読む

DiMAGE X60 試写レポート

コニカミノルタの小さめコンデジ500万画素モデル、DiMAGE X60。 このシリーズは、SDカードを挿す場所が独特でカッコいい。 さて、撮影画像はどうでしょう。 試写してみました。 ※クリックしていくと単純に1280×960ピクセルにリサイズした画像が見れます。 ※ちょこちょこ写真とコメント変えてます。 (最終更新日:2018年6月9日) まずは青空の発色です。 少し渋めの発色です。 鮮やかな風景写真にはいま一つですが、この発色もなんとなく好きです。 なかなかさわやかな色で撮れてます。 逆光に透けた葉なので、さわやかな緑色を期待したいところですが、少し地味な感じです。 古いデジカメではなかなか出せない紫色の花の写真です。 きちんと、紫色が出てます。 街の景色を撮ってみました。 発色がもう一つなんで、写真もいま一つ。 夕景の写真です。 白い雲が白トビしてます。もう少しすっきり美しい景色だったんですが、いま一つです。 本格的に撮るには少し発色の冴えが足りないかなぁ... 操作レスポンスはいいです。

続きを読む

DiMAGE X60 屈曲光学系だけど普通のデジカメなデザインがいい。

一時期流行ったと思われる屈曲光学系デジカメ。 屈曲光学系デジカメって、レンズが飛び出ないのはいいとしても、電源と連動して開閉するレンズカバーの故障が多いです。 最初は美品に惹かれて救済してましたが、この開閉機能の故障は直しても同じ故障が起きそうなので、救済するのをやめました。 さてDiMAGE X60ですが、レンズカバーを手動でスライドさせるタイプです。 なので、開閉機構の故障の心配がありません。 そして、レンズ位置が普通のコンデジと同じ場所なのがうれしいです。 (レンズが隅に追いやられているのはあまり好きじゃないので。) 造りも凝ってるし、金属のエッジ処理が効いててなかなか美しい一品です。 カメラの簡単な仕様。  500万画素 1/2.5インチCCD  38-114mmレンズ(35mmフィルム換算.)   実焦点距離 6.3-18.9mm/F3.3-4  2.5インチ液晶  記憶媒体 SDカード  電源 専用リチウム電池 とにかく電源入れてから撮影できるまでが速いらしい。 既に救済して持ってたXgと並べてみました。 高さか低くなって、使いやすい形に進化してます。 もう一つレンズコーティングがなかなか深い色してていい感じです。 写真よりももっと濃い紫色してます。 撮影画像はどんなかな? そのうちレポートします。

続きを読む

Cyber-shot DSC-H1 いい画質です。

ジャンクのカゴの中に、明るい高倍率ズーム(12倍)を搭載したEVF機を発見! メーカーはあまり興味のないソニー。 美品だったので、救済実施。 プラスチック筐体の割に、色合いが渋いのであまり安っぽくない。 デザインはスタンダードなフォルムに、なだらかなラインを組み合わせててまぁまぁカッコイイかな。 頑張ってるけどプラスチックなんで、質感が今一歩足りてない。価格相応?(当時の価格知らないけど...) せっかくだから、もっと大胆なデザインでも良かったんじゃないかなぁ...と思ったりもしますが。 カメラの簡単な仕様。  510万画素 1/2.5インチCCD  36-432mmレンズ(35mmフィルム換算.) 実焦点距離 6-72mm/F2.8-3.7  2.5インチ液晶 + EVF  記憶媒体 メモリスティック  電源 単3電池×2 仕様だけみると、  CCDが小さいので、あまり画質は期待してませんでした。 しかーし、何気に部屋を撮影してパソコンで画像を見ると、すっきりきれい。 これは画質が良さそうな予感。 という事で、近所の写真撮ってみました。 ※クリックしていくと単純に1280×960ピクセルにリサイズした画像が見れます。 太陽が反射した川面の写真ですが、ぬめぬめした感じ。撮影画像がノイジーじゃなくなめらかな証拠かな。 これもまたいい画像です。 等倍で見ても1画素1画素きれいに写ってます。 …

続きを読む

Finecam S3R バッテリーに悩む。

なかなか美品な京セラFinecam S3Rを入手。 仕様 3.2メガ(1/1.8インチ)、3倍ズーム、1.6インチ液晶。 モノ的には金属度が高くていいです。 造り、デザインも手が込んでて、色を含めてちょっと高級感があります。 さて持って帰って、充電しようと電池を取り出すと、えらく細長い。 ガム電池? むかしむかしに憶えのある単語が頭の中にでてきました。 今の専用電池と形が違うくらいかと思ってましたが、 よく見ると... 電極が電池の両端にあるじゃないですか。 これ、今持ってるマルチ充電器では充電できません。 うーん... 本体に電源コードを挿せるから、そこから充電ができるかも? 本体の電源部確認。 専用端子ではなく、丸型プラグ。 はて? これは電圧、極性?、プラグのサイズが合えばいけるけど... そもそも電圧は? 本体に5Vってある。 5Vという事はUSB給電といっしょ。 外付けハードディスクの電源供給用ケーブルが使えるかも? ケーブル探して挿してみる。 挿さった。 そして反対側をパソコンのUSBポートに挿すと、充電ランプ点灯。 デジカメ側の電源ONすると、デジカメ起動。 おぉー充電できそう。 しばし充電。 2時間ぐらいで充電完了。 ケーブルはずして電源ON。 起動した! そして...すぐに電源OFF。 電池がダメだ。 ネットで同じタイプの電池を検索するも、容量少ないモノしかない。 …

続きを読む

柔らかい光をもとめて...

昔はシャープネスが低いレンズや階調(トーン)が出ないレンズが嫌いでした。 高いレンズが買えないから、安い古い中古レンスを買って、苦労するパターンです。 そんなレンズの中で、ふわっと柔らかい描写をするレンズがあったりします。 そういう描写のレンズは好きでした。 いつか、柔らかい描写をするレンズを集めて、アダプタで変換してデジタル一眼につけて遊びたいです。 画像処理エンジンでなく、レンズが写真を決める方が面白いです。 MC ROKKOR-PF 58mm/F1.4 + 2Xテレコン。 レンズコーティングが独特の緑色で美しかった。 SIGMA 135mm/F2.8 Pantel。  ちょっと太めで重いレンズ。シャープネスは感じませんが、空気感が出るのが好きでした。 TAMRON 90mm/F2.5 (旧型)。 神々しい写真になっててびっくりです。 TAMRON 90mm/F2.5 (旧型)。 独特の光のにじみが美しいです。 SIGMA 28-70mm/F2.8  この写真撮ってる時のキラキラした一眼レフのファインダー画像は美しかった。 このレンズの望遠側近接フォーカス時のボケはほんと柔らかくていいんです。

続きを読む

PowerShot G5 試写レポート

昨年秋に手に入れたキャノンのG5。 大物なので、散歩にはなかなか持って行けず、やっと試写できました。 まずは、外観写真。 グリップがボロボロになりつつあって、ニコイチできれいにするか、なんかかぶせるか、いっその事はぎ取るか、検討してました。結局、結論出ずに放置してます... レンズがでかくていいです。 仕様は、 撮像素子 500万画素 1/1.8インチ。 レンズ  35-140mm(35mm換算) F2.0-3.0。 広角が弱いのが残念です。 試写してみました。 まず青空の色確認。 きれいな色が出てます。 望遠側で逆行気味に撮ってみました。 背景が軽くボケてて、発色も良くていい感じです。 光が反射した葉っぱはどんなでしょう? これもいい感じです。しっかり階調が出てます。暗い部分もつぶれてません。 最後に、なんとなく我が家のワンちゃん。 色の忠実さと露出の安定度、なかなかよくできてます。 キャノンやりますね。 同時期に発売されたニコン COOLPIX 5400 よりも、良さそうです。 等倍の一部切り取りです。 この頃のCCDは、等倍で見ても画像がきれいです。

続きを読む

PENTAX Optio M50 ニコイチ修理 ・・・ CCD交換

美品なOptio M50を入手。 8メガ 5倍ズーム機。 前持ってたFinePix J50と、同等なスペック。 電源入れて動作確認。 液晶に横筋がチラチラ走ってる... 撮影画像を再生してもチラチラ走らないので、CCD不良の可能性が高そう。 ニコイチ修理しようと、ヤフオクで同一機を入手。 ヤフオク機はどうか? 液晶左側黄変とレンズ内部に輪っか上の模様が入っている。 CCDとメイン基盤は大丈夫そう。 ヤフオク機のCCDと交換してみる事に。 ★ お約束事 ★ 分解はすべて自己責任です。 また感電する事もあります。ビックリするぐらい、指に電気が走ります。 バッテリーはずして。 右側面のネジをはずします。(インターフェース部のカバーを開けたらネジがあります) 底面のネジをはずします。 バッテリー室内のネジをはずします。  このネジをはずさないと右側面のカバーははずせません。 左側面のネジをはずします。  ※上下のネジの長さが違うので要注意。上:短い、下:長い 右の側面カバーをはずします。 カバー内のネジをはずします。  このネジをはずす事で背面外装がはずせます。 背面外装(カバー)をはずします。 下側から開けたほうがはずしやすいです。 内部が見えてきました。 液晶の下にある金属プレートが一面を覆っており、この金属プレートをはずさないとCC…

続きを読む

デザインが素敵な EXLIM Z60。

デザインがいいなぁと思いながら、買えなかった「Z60(見たのはZ75?)」をメルカリで発見。 安いので買っちゃいました。 型番的にZ60はZ57の後継機かと思ったら、  Z57   ↓  後継  Z500   ↓  後継  Z600  →弟分 Z60 との事。 Z600の弟分なので、Z600がカッコいいかというと???で、 Z60とは別物のデザイン。 Z60が異端児的にカッコいいです。 手持ちのZ57と並べてみました。 Z57までの四角さを押し出したデザインから、直線に滑らかなラウンドを加えたカッコイイデザインに変身です。 Z57までの丁寧なパーツの組み合わせとエッジ処理も感心させられますが、Z60に比べると少し野暮ったいです。 それでは、試写した写真をどうぞ。 まず夕景写真。 少し抜けが悪く感じるかもしれませんが、実際そんなにきれいな夕景でもなかったので、忠実でいい感じです。 紫がかった花の発色はどうでしょう? 古い500万画素のCCDだと紫が出ずに青くなりますが、その傾向はあるようです。 実際の花はもう少し紫色でした。 薄暗くなりつつある時間帯の写真です。 晴れの日の普通の景色はどうでしょう? 自然ですね。 もうちょっと発色が良い方が見映えはしますが、まぁ、ほんとに忠実です。 デザインはいいのですが、しいて言えば、もう少し小さ…

続きを読む

ポルシェデザイン FinePix6800z CCDゴミ取り分解

フジの縦型デジカメを108円で発見。 ポルシェデザインです。 キズは少ない。メディアスロットのカバーが浮いてるけどなおせる気がする。 値段108円だから買っちゃお。 持って帰ってチェック。 動作は正常だけど、CCDにゴミの写りこみあり。(赤〇部分) さてこの古いデジカメはどんな構造になってるんだろ? 古いし、いつもと形が違うのでちょっとネットで分解方法を検索。 ネジをはずしたら、普通に分解できるらしい。 ★ お約束事 ★ 分解はすべて自己責任です。 また感電する事もあります。ビックリするぐらい、指に電気が走ります。 CCD部をどこから開けるかわからないので、一度ネジをすべてはずして、 背面カバー、前面カバーと内部本体部品とに分けて調べました。 結論から言うと、背面カバーをはずすだけで、CCD部を開けれたので、 今回は背面カバーだけ、はずす分解手順にします。 バッテリーはずします。 左側面のネジはずします。(下図赤〇部分) 底面のネジをはずします。(下図赤〇部分) 右側面のネジはずします。(下図赤〇部分) カバーのすき間を広げていき、背面カバーをはずします。 下側のすき間が広げやすかったです。 背面カバーのスイッチ類のケーブルが本体基盤とつながっている(赤←部分)ので、 注意が必要です。 背面カバー側のリボンケーブルのコネクタ部ロックバーを上げてケーブルを抜きます。…

続きを読む

LUMIX FZ20 春の景色 試写レポート

12倍ズームF2.8という弩級レンズを搭載したLUMIX FZ20で春の景色を撮ってみました。 クリックしていくと、単純に長辺1280ピクセルにリサイズした画像が見れます。 撮影は、ホワイトバランスのみ晴天にしました。あとは調整なしです。 淡い色はいい感じです。 実際の花はもっときれいな感じでした。 ちょっとコントラストが弱いのと色ノリがもう一つです。 ちょっと桜の白さが冴えないですね。 菜の花も黄色が弱くて、背景の土と近い色になってます。 総じて、発色が弱いので、風景写真には今一つです。 500万画素ぐらいのデジカメって、発色や色バランスが今一つの機種が多いですね。

続きを読む

LUMIX ZX3 入手。 CCDゴミ取り分解。 勉強になりました。

メルカリに未使用に近いZX3が出た。 写真を見た感じもきれい。 ZX1持ってるけど、安いから買っとこ。 ------------ モノが届いたので状態確認。 うーん、美品。 バッテリーはバッテリーチャージャーのリバイブ機能で復活。 動作も全く問題なし。 ですが、ゴミの映り込みあり。 こんなに使用感のないモノなのに、なぜCCDにゴミが...  → 構造的にゴミ入り過ぎ。 分解する前に、ちょっと、ZX1と比較。 左:ZX3 右:ZX1 一番わかりやすいのが、このグリップ部の金属ライン。 ZX1の方が直線的で好み。 ZX3は少し丸っこい。 横に並べて初めてわかったのが、このグリップ部の形が違うって事。 実際の持ちやすさは、ZX3がいいです。  ※ZX3はゴールドモデルでクリア塗装されていて、すべりにくいのもある。 左:ZX3 右:ZX1 ZX3はAVCHDLiteに対応したので、HDMI端子に変更。 よく見ると、ネジ頭の形が変わってる。 ちょっと小さくなった。グレードダウン? 左:ZX3 右:ZX1 細かいけど、トップカバーのデザインがほんの少し変わってる。 小型のコンデジは持ちにくいのが多いですが、グリップがあるZX1はとても使いやすい。 そのZX1よりも持ちやすいZX3ってなかなかいいですね。 さてCCDセンサー部のゴミ取り分解開始です。  ※構造的には、ZX1と同じです。 ★ お約…

続きを読む

良いデジカメに会えなかった自分...その分、今楽しんでる。

今でこそコンデジの違いを味わって遊んでますが、結構ハズレのデジカメを使ってて、長らくデジカメに満足できない月日を過ごしました。 独身時代(~2003年)はお金の使い道は自由だったけど、この頃のデジカメはまだ発展途上で発色にクセがありました。そのデジカメをずっと使ってまして、2010年に買ったLUMIX ZX1で、初めて発色のいい、満足のいくデジカメを手にしました。 長らくデジカメに興味が薄い年月があったので、その期間に発売されたいろいろな機種が、今更ながら新鮮で楽しいです。 最近、家電売場のコンデジは面白味のないデザイン、造りのモノが並んでいます。 あのつるんつるんのコンデジと比べれば、ジャンクコーナーにあるコンデジって手間かけてデザインされた、いいモノだなぁと思います。

続きを読む

ついにGET! μ-mini DIGITAL

古いコンデジをいろいろ見てて、いつか手に入れたいと思っていたのが、 OLYMPUS μ-mini DIGITAL (S)。  これです。 やっと買える状態+値段のものを見つけました。 メルカリ(送料込み)で300円。 ・・・ 送料だけでも300円近くすると思うのですが。 出品者も、もともと捨てるつもりだったみたいです。 若干のキズはありますが、完動品でした。 それにしても、このデザインすごいなぁ。 丸っこいから可愛いい系になりがちですが、直線的なラインや金属感を出すことで、 スパルタンな雰囲気持ってる。 ヨーロッパのズポーツカーみたい。 カッコいいです。 ちょっと異種格闘技戦です。↓ 左の機種は、μ-Ⅱというフィルムカメラ。 上から見たらこんな感じ。 これもスポーツカーみたいでしょ。 当時としてはなかなか小さく、流麗なフォルムで、とてもカッコいいカメラでした。 そして撮った写真もシャープで且つトーンもなめらかでなかなかいい描写をするレンズつけてます。 隠れた銘機です。 さて異種格闘技戦の結果ですが、造りも含めてμ-mini DIGITALがいいです。 μ-Ⅱは、プラスチックっぽさがあります。

続きを読む