DiMAGE A1 vs 7 モノ的比較

A1購入前はDiMAGE7を持ってたので、同じ500万画素でEVFも20万画素で同じぐらいなので、A2で無ければ買う意味なし! と思ってたのですが、安さに手を出してしまいました。 A1をたまに持ち出して遊んでますが、実用的なコントロール(コントラストや彩度)のしやすさや、そのギュッと詰まった感じの小ささを含めて、結構いい感じで気に入ってます。 初代7とちょっと比較してみました。 ※多分に個人的好みを含んでます。 ☆デザイン ・・・ 7の勝ち 単純にデザインは、7の真ん中にあるレンズ位置が好きです。レンズを中心に配置したデザインが素敵。下(底面部)に並べられた単3電池室なんかも電池を装填する感じがカッコいい。 A1って黒だからわかりにくいけど、シルバーとか明るめの色だったらカッコ悪そう。 ※7の話ではないですが、Zシリーズもデザインがカッコいい。欲しくなります。 でもまだ買ってません。安くていいモノが出るまで我慢してます。 ☆機械的な造りの良さ(フィーリング) ・・・ A1の勝ち 7のボタンフィーリングの悪さ(安っぽさ)はなかなかです。ペコペコ押す感じ。 表面もプラ感強し。 A1はグリップとか深いので持ちやすいし、背面液晶も上下チルトするし、プロ機っぽい雰囲気を持ってます。 そしてEVFの差は決定的。7の粗いEVF像は使う気にならないレベル。 A1は、7同様に彩度が低いのが残念だけど、かなり自然な感じで見やすい。 ☆その他 ・・・ A1の勝ち…

続きを読む

ひさびさの DiMAGE 7

デジカメの場所を整理してて、ひさびさにDiMAGE 7 に電池を入れてみた。 おぉー動いた。懐かしい~ このカメラは2002年に購入。 中古でカッコいいデジカメが1.5万円。 ほぼ衝動買いだったと思う。 デザインが独創的で、当時流行ってた高倍率ズーム(28-200mm)の デジカメ版みたいなレンズが惹かれた理由。  あの頃は大口径レンズ大好きだったなぁ... このカメラの良いところは、  やはりレンズが素敵。 今見ても美しいレンズです!  露出の状態がEVFの明暗に反映して見えるので、直感的に明るさを  調節できる。 悪いところは、  電池喰い ・・・ とにかく電池が持たない。容量の大きいニッケル水素電池を            満充電にして、30枚?撮れたぐらいかな。            電池の接点清掃したりしてた。予備電池は必須。  オートフォーカスが遅い ・・・ ファームウェア上げて改善したけど、遅い。  EVFの反応が遅い  撮影画像の彩度が低い   緑色がくすむ。→ 新緑× 赤色が映えない。→ 花とか鮮やかさが無い。 今なら買わないな。 新婚旅行に持ってったので、記念に置いてます。

続きを読む