ポルシェデザイン FinePix6800z CCDゴミ取り分解

フジの縦型デジカメを108円で発見。 ポルシェデザインです。 キズは少ない。メディアスロットのカバーが浮いてるけどなおせる気がする。 値段108円だから買っちゃお。 持って帰ってチェック。 動作は正常だけど、CCDにゴミの写りこみあり。(赤〇部分) さてこの古いデジカメはどんな構造になってるんだろ? 古いし、いつもと形が違うのでちょっとネットで分解方法を検索。 ネジをはずしたら、普通に分解できるらしい。 ★ お約束事 ★ 分解はすべて自己責任です。 また感電する事もあります。ビックリするぐらい、指に電気が走ります。 CCD部をどこから開けるかわからないので、一度ネジをすべてはずして、 背面カバー、前面カバーと内部本体部品とに分けて調べました。 結論から言うと、背面カバーをはずすだけで、CCD部を開けれたので、 今回は背面カバーだけ、はずす分解手順にします。 バッテリーはずします。 左側面のネジはずします。(下図赤〇部分) 底面のネジをはずします。(下図赤〇部分) 右側面のネジはずします。(下図赤〇部分) カバーのすき間を広げていき、背面カバーをはずします。 下側のすき間が広げやすかったです。 背面カバーのスイッチ類のケーブルが本体基盤とつながっている(赤←部分)ので、 注意が必要です。 背面カバー側のリボンケーブルのコネクタ部ロックバーを上げてケーブルを抜きます。…

続きを読む