DiMAGE X60 試写レポート

コニカミノルタの小さめコンデジ500万画素モデル、DiMAGE X60。 このシリーズは、SDカードを挿す場所が独特でカッコいい。 さて、撮影画像はどうでしょう。 試写してみました。 ※クリックしていくと単純に1280×960ピクセルにリサイズした画像が見れます。 ※ちょこちょこ写真とコメント変えてます。 (最終更新日:2018年6月9日) まずは青空の発色です。 少し渋めの発色です。 鮮やかな風景写真にはいま一つですが、この発色もなんとなく好きです。 なかなかさわやかな色で撮れてます。 逆光に透けた葉なので、さわやかな緑色を期待したいところですが、少し地味な感じです。 古いデジカメではなかなか出せない紫色の花の写真です。 きちんと、紫色が出てます。 街の景色を撮ってみました。 発色がもう一つなんで、写真もいま一つ。 夕景の写真です。 白い雲が白トビしてます。もう少しすっきり美しい景色だったんですが、いま一つです。 本格的に撮るには少し発色の冴えが足りないかなぁ... 操作レスポンスはいいです。

続きを読む

DiMAGE X60 屈曲光学系だけど普通のデジカメなデザインがいい。

一時期流行ったと思われる屈曲光学系デジカメ。 屈曲光学系デジカメって、レンズが飛び出ないのはいいとしても、電源と連動して開閉するレンズカバーの故障が多いです。 最初は美品に惹かれて救済してましたが、この開閉機能の故障は直しても同じ故障が起きそうなので、救済するのをやめました。 さてDiMAGE X60ですが、レンズカバーを手動でスライドさせるタイプです。 なので、開閉機構の故障の心配がありません。 そして、レンズ位置が普通のコンデジと同じ場所なのがうれしいです。 (レンズが隅に追いやられているのはあまり好きじゃないので。) 造りも凝ってるし、金属のエッジ処理が効いててなかなか美しい一品です。 カメラの簡単な仕様。  500万画素 1/2.5インチCCD  38-114mmレンズ(35mmフィルム換算.)   実焦点距離 6.3-18.9mm/F3.3-4  2.5インチ液晶  記憶媒体 SDカード  電源 専用リチウム電池 とにかく電源入れてから撮影できるまでが速いらしい。 既に救済して持ってたXgと並べてみました。 高さか低くなって、使いやすい形に進化してます。 もう一つレンズコーティングがなかなか深い色してていい感じです。 写真よりももっと濃い紫色してます。 撮影画像はどんなかな? そのうちレポートします。

続きを読む