LUMIX LX1 モノ的満足度が高いカメラ。 

なんと1000円で LX1 (動作保証なし)を入手。 まずは付属のバッテリーチェック。 → 完全放電状態。 バッテリーはリバイブで復活させといて、 同じ型のバッテリーを入れて電源ONしてみる。 → 正常起動。 本体のキズもごくわずかで、状態がとてもいい LX1 が手に入りました。 【仕様】 CCD  1 / 1.65インチ 840万画素 レンズ 6.3~25.2mm/ F 2.8 - 4.9 ; 28 - 112 mm(フルサイズ換算) サイズ的には、TZ7 や TZ10 に近い感じです。 本体側の厚みは同じですが、レンズ部は LX1 のCCDが大きい分、レンズも大きくなり、結果厚くなってます。 レンズ鏡筒は梨地仕上げです。 久々に梨地仕上げ見ました。高級機の証ですね。 この機種独特のマルチアスペクト(撮影画像の縦横比(16:9、3:2.4;3)を変えれる機能)って何でしょう? よく知らなくて、調べてびっくり。  → CCDが16:9のアスペクト比で、→ 3:2 → 4:3 に切り替えていくと、外側のCCDを使わずに内側CCDだけを使うらしい。 フィルムカメラ時代にあったパノラマ機能は、パノラマにするとフィルムの上下部分を遮光して横長画像にしてましたので、発想は逆ですね、 なかなか悪名高そうな(個人的に広角好きで、画角が狭くなるのが嫌なのもので。)機能です。 画角も35mmフルサイズ換算で、  16:9 → 28mm相…

続きを読む